トップ

>

2018年度吹奏楽コンクール特設サイト

>

課題曲4・コンサート・マーチ「虹色の未来へ」

吹奏楽コンクール課題曲 打楽器ワンポイントレッスン

コンサート・マーチ「虹色の未来へ」

※良い音でお聴きいただくために、動画の視聴にはヘッドフォンやイヤフォン、またはオーディオ用スピーカーの使用をおすすめします。

daisuke yamaguchi

ワンポイント・レッスン by:

山口大輔

打楽器奏者

楽曲について

 オーソドックスなマーチです。基本的なバスドラムの4分音符、スネアドラムの裏打ち、バスドラムとともにある4分音符のシンバル、このパートのアンサンブルは曲の印象、バンドの音楽の流れを決めますので、しっかりとしたアンサンブルができる様にしましょう。どの楽器も課題曲のマーチによくあるパターンで書かれていますので、それぞれの楽器が適切に機能すれば安定したマーチになると思います。

page top

Timpani

:ティンパニ, タンバリン

 ティンパニはまずマレット選択ですね。【A】からのために最初からハードすぎるマレットではない方が良いでしょう。【A】でマレット持ち替えても良いでしょうし、リズムが聞こえるマレットであればそのままでも良いと思います。自分の奏法と合うマレットを選びましょう。
冒頭3小節目、装飾音符は前に出して四分音符が小節の頭にくるようにしましょう。4小節目の3拍目は和音が決まるポイントなのでスネアと共に管楽器とのタイミング・バランスを丁寧に合せましょう。playbutton
 【A】からはリズムをはっきりさせたいですが、輪郭はスネアドラムに任せて、ティンパニは響きを大切にしましょう。playbutton
 37小節目、fpはfの後pをちゃんと作り、メロディーにかぶらないようにしてからクレッシェンドしましょう。38小節目の頭である程度しっかりとした音量にし、3拍目を決めたいですね。
 【H】〜最後。ロールの後の音符がクリアに聞こえるためにロールの処理、響きをよく聞きコントロールしましょう。
 タンバリンは、指を使ったロールのからの8分音符がうまく繋がるようにし、2拍ごとのフレーズを意識して演奏しましょう。playbutton

・冒頭部分のティンパニ

thum401

映像内容

・冒頭の合奏

・【A】のティンパニ

thum402

映像内容

・【A】[5]〜[9]の合奏

・タンバリン

thum403

映像内容

・【D】[30]〜[33]のタンバリンのみ

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK22

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450AL

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD36S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

シロフォン

K,M.K/KK-CX350DX

<マレット>マイク・バルター/MB-7R

グロッケンシュピール

フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>アンコール・マレット/EM-202R

page top

Percussion 1

:スネアドラム

 冒頭、長いロールですが、打つ数をある程度決めて演奏した方が良いと思います。そして金管楽器とのバランスには注意しましょう。playbutton
 4小節目の3拍目は、ティンパニにも書きましたが、和音が決まるポイントなので、ティンパニと共に管楽器とのタイミング・バランスを丁寧に表現しましょう。
 【A】からはマーチのスタートです。2小節目に入ってくる管楽器を呼び込むワクワクするリズムとクレッシェンドを表現しましょう。playbutton
 8小節目の装飾音符は手順をどちらかに決めた方が良いと思います。
thumill406
 trioはスネアだけソロのような動きなので、キャラクターはしっかりとみせつつ、管楽器の動きにかぶらないようにバランスを取りましょう。

・冒頭〜【A】のスネアドラム

thum404

映像内容

・冒頭の合奏

・【A】[5]〜[9]の合奏

・【B】と【F】のビートの表情の差

thum405

映像内容

・【B】→【F】のスネアドラムとバスドラム

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK22

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450AL

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD36S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

シロフォン

K,M.K/KK-CX350DX

<マレット>マイク・バルター/MB-7R

グロッケンシュピール

フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>アンコール・マレット/EM-202R

page top

Percussion 2

:バスドラム

 基本的なリズムが【B】と【F】の2種類のパターンがありますね。【B】からの4分音符はバンド全体を引っ張るような推進力が出ると良いですね。
 【F】からのパターンは低音パートと楽譜の書かれ方が違うのでバスドラムだけニュアンスが違わないように、コントラバスのpizz.や低音の4分音符とニュアンスを揃えましょう。playbutton
 【D】や【H】の8分音符、16分音符が出てきた時などは、左手で音符の長さをコントロールできると良いですね。 playbutton

・【B】と【F】のビートの表情の差

thum406

映像内容

・【B】→【F】のスネアドラムとバスドラム

・バスドラムの細やかな音符の表現

thum407

映像内容

・【D】[26]〜[29]:バスドラムのみ

映像中使用楽器

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450AL

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD36S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02, KK-BMDY03

page top

Percussion 3

:クラッシュ・シンバル, トライアングル

 冒頭ファンファーレの1発目はかっこよく決めたいですね!トランペットの音域が少し低いところから始まりますので音量よりも音色を大事に演奏しましょう。8小節目などに出てくる8分音符の時、前に音を出してシンバルが振動していますのでコントロールを忘れずに。playbutton
 トライアングルは3小節しか出てきません。目立たせたいところですが、木管楽器のアンサンブルでなおかつ「mp」で音楽が流れています。同時に出てくるタンバリンより主張し過ぎないほうがよいと思います。また、「+」の時に強く叩きすぎないようにしましょう。 playbutton

・冒頭のファンファーレ

thum408

映像内容

・冒頭部分の合奏

・トライアングル

thum409

映像内容

・[31]〜[33]トライアングルのみ

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK22

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450AL

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD36S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

シロフォン

K,M.K/KK-CX350DX

<マレット>マイク・バルター/MB-7R

グロッケンシュピール

フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>アンコール・マレット/EM-202R

トライアングル

スタジオ49/SD-Ti3

<マレット>K.M.K/KK-TB5

page top

Percussion 4

:シロフォン, グロッケンシュピール

 全てが管楽器と同じ動きでほぼピッコロ・フルート、たまにクラリネット、サックス、トランペットも含んでいます。管楽器のニュアンスとぴったり合うように意識しましょう。
グロッケンとシロフォンでは発音、響き方が異なるので、よく音を聞いて確認しましょう。

thum410

映像内容

・【A】の合奏

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK22

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450AL

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD36S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

シロフォン

K,M.K/KK-CX350DX

<マレット>マイク・バルター/MB-7R

グロッケンシュピール

フォール・クリーク/FC-K100G

<マレット>アンコール・マレット/EM-202R

page top

スネアドラム聴き比べ

 
thumhk4_sd

①マジェスティック/MJ-MPS1450AL

②マジェスティック/MJ-MPS1465MB

③ソナー/SQ-1406SD-EHI

パート:Percussion 1/スネアドラム

演奏箇所:[5]〜[9]

page top

クラッシュ・シンバル聴き比べ

 
thumhk4_cc

①小出シンバル/808-S18CCM

②小出シンバル/11S-in18CCMH

③小出シンバル/11S-S18CCM

パート:Percussion 3/クラッシュ・シンバル

演奏箇所:[43]〜[47](trio手前)

page top

トライアングル聴き比べ

 
thumhk4_tri

①スタジオ49/SD-Ti2

②スタジオ49/SD-Ti3

③グローバー/GV-TRBHL6S

パート:Percussion 3/トライアングル

演奏箇所:[31]〜[33]

page top

タンバリン聴き比べ

 
thumhk4_tamb

①グローバー/GV-SXGS

②グローバー/GV-T1GS

③グローバー/GV-T2GS

パート:Timpani/タンバリン

演奏箇所:[30]〜[33]

page top

グロッケンシュピール・マレット聴き比べ

 
thumhk4_glockm

①マイク・バルター/MB-GP2

②マイク・バルター/MB-10R

③アンコール・マレット/EM-202R

パート:Percussion 4/グロッケンシュピール

演奏箇所:【D】[29]〜[33]

page top

シロフォン・マレット聴き比べ

 
thumhk4_xylom

①マイク・バルター/MB-108R

②マイク・バルター/MB-7R

③アンコール・マレット/EM-201R

パート:Percussion 4/シロフォン

演奏箇所:【J】[82]〜[85]