吹奏楽コンクール特集2017|課題曲5- Komaki Tsu-sho Web

トップ

>

2017年度吹奏楽コンクール特設サイト

>

課題曲5・メタモルフォーゼ

吹奏楽コンクール課題曲 打楽器ワンポイントレッスン

メタモルフォーゼ〜吹奏楽のために〜

※良い音でお聴きいただくために、動画の視聴にはヘッドフォンやイヤフォン、またはオーディオ用スピーカーの使用をおすすめします。

thum102

ワンポイント・レッスン by:

冨田篤

打楽器奏者、ブリヂストン吹奏楽団久留米音楽監督・常任指揮者, 活水女子大学講師, 「パーカッシヴ・フォース」主宰

楽曲について

たいへん効果的かつ緻密に書かれた作品ですが、ややもすると演奏準備にバタバタ追われたり、急な楽器移動でバチの選択肢が限られたり、何よりセッティングが難しかったりと演奏以外の問題が発生し、奏者やセクションの創意工夫が必要となる箇所がいくつか存在します。詳細は個別に記し、映像の方でもいくつか分析しておりますが、ティンパニを含む6つのパートが、それぞれ独立して機能するのはもちろん、有機的にアンサンブルが組めるようアイデアを膨らませてください。また、時に手順が複雑になるパートもありますが、楽器の配列も含め、できるだけ自然な運びを求めていきたいところです。映像で提示しておりますが、これらはあくまで一例ですので、決して無理に固執せず、ご自身や楽器環境 に合った柔軟な選択をおこなってください。

page top

Timpani

ティンパニ, フィンガー・シンバル

フィンガー・シンバル

フィンガー・シンバルは、伸びている時の音色が大切に思われがちですが、アタックした時のいわゆる「発音」に意図がないと理想の音色として響きません。弱奏で書かれていても、発音が弱くなり過ぎないよう注意しましょう。

ティンパニ

ティンパニの35小節目に見られるようなfpのロールは、単音でfを打った後、その響きの中からロール(持続音)を生み出しましょう。これは、42小節目のようなリズム直後のロールでも同じことが言えます。低音群と同じように「リズム+連打」ではなく「リズム+響き」のつもりでロールをおこないましょう。ティンパニはさほど手順で困るところはありませんが、4台をフルで使う66小節目は、左からの順手でスタートし最後を右で終えます。ぜひ映像を参照ください。

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK22

スネアドラム

ソナー/SQ-1406SD-EHI

<スティック>クーパーマン/CPM-06

グロッケンシュピール

フォールクリーク/FC-K100G

<マレット>マイク・バルター/MB-GP2

タムタム(銅鑼)

K.M.K/KG-36

フット・バスドラム

ソナー:プロライト・シリーズ/PL12-2017BDWM

ヴィブラフォン

マジェスティック/MJ-V7350S

(日本未発売品)

<マレット>マイク・バルター/MB-22R

トムトム

マジェスティック

(日本未発売品)

<スティック>ベーター/シュガーメイプルCONCERT

チューブラーベル

プレミア

(販売終了)

<マレット>マイク・バルター/MB-CM3

thum101

映像内容

・小節#66〜#67

page top

Percussion 1

:グロッケンシュピール, シロフォン, クラッシュ・シンバル

このパートとシロフォンを共有するPercussion4のセッティングが悩みどころです。クラッシュシンバルも共有するか否か悩みの種ですが、シロフォンを2台用意するわけにはいきませんので、ぜひセッティングについては双方が楽に演奏できる距離・間隔でご検討ください。グロッケンは割と低い音程も多用してあるので、できる限り腕やマレットのウェイトを利用して、心地の良い響きを生みたいところです。オクターブや重音の際、左右のタイミングがちぐはぐにならないよう、落とす高さやスピードにも冷静に着目ください。

グロッケンシュピール

102

映像中使用楽器

グロッケンシュピール

フォールクリーク/FC-K100G

映像内容

・小節#66〜#67のセクション合奏

page top

Percussion 2

:ヴィブラフォン, バスドラム

ヴィブラフォンとバスドラムという組み合わせ。仮に下手(舞台左)に打楽器を配列する際、さてどう置こうかと悩んでしまうパートです。それぞれ異なる楽器の組み合わせで歌や和声、音楽の韻を踏めるような箇所も多くあり、楽しいパートではありますが、その分やるべきことも多いはずです。
ヴィブラフォンの25小節目のアウフタクトからのフレーズは、映像を参考に、できるだけメロディックかつ最後のキメは鐘のように。
大太鼓はクレッシェンドを伴うロールが何度か出てきますが、ティンパニと同じく、響きをコントロールすることが大切です。むやみに連打せず、他の人が演奏している「音場」をじっくり上げる役目を果たし、周りの響きをうまく拾いながら演奏しましょう。

映像中使用楽器

ヴィブラフォン

マジェスティック/MJ-V7350S

(日本未発売品)

<マレット>マイク・バルター/MB-22R

ヴィブラフォン

103

映像内容

・小節#24〜#27

page top

Percussion 3

:トライアングル, ウインドチャイム, クラッシュ・シンバル, スネアドラム, ハイハット

小太鼓とハイハットを主に演奏するこのパートは、この作品で使われている多彩な楽器群の芯、司令塔のような位置に当たると思います。リズムを明確にするのはもちろんの事、何度も訪れる連符を正確かつウェイトのある音色で引き締め、次に引き渡してゆきます。リムショットやハイハットの所作については映像で確認して頂きたいのですが、ハイハットにおける高速のオープン・クローズは、映像をご覧の通り、足の動きと共に、スティックが当たる部位を変化させることで音色の変化を生み出します。ぜひ研究してみましょう。

スネアドラム

105

映像中使用楽器

スネアドラム

ソナー/SQ-1406SD-EHI

<スティック>クーパーマン/CPM-06

映像内容

・小節#58〜#61のスネアドラムのみ

ハイハット

105

映像中使用楽器

ハイハット

ターキッシュ/TU-CL14HTM & TU-CL14HBH

<スティック>クーパーマン/CPM-06

映像内容

・小節#95〜97のハイハットのみ

page top

Percussion 4

:テンプルブロック, シロフォン, チューブラーベル

テンプルブロックは手順がやや困難な箇所がいくつかあります。映像でも考察しておりますので、自分の手順がベストなのかどうか、ぜひ照らし合わせてみてください。ソリスティックな場面も多いですが、ユーフォやクラリネットと絡むフレーズは、ぜひその音色に合うようなマレットを選びたいところです。朴訥とした音がテンプルブロックの大きな特徴ですが、その幅は意外に広く、楽器の選択でいかようにも歌えると思います。
チューブラベルの強奏が多く登場しますが、音量や瞬発的な発音だけではなく、響きの太さが出るようにストロークしましょう。

テンプルブロック

105

映像中使用楽器

テンプルブロック

K.M.K/KK-TBK25, 35, 40, 45, 50

<マレット>アンコール・マレット/EM-TM1

映像内容

・小節#13&#32のテンプルブロックのみ

page top

Percussion 5

:サスペンド・シンバル, カウベル, タムタム, トムトム, フット・バスドラム

トムの配列や手順考察についてはぜひ映像でご確認ください。フット・バスドラムはあまり大きなものでなく、トムの延長でシャープなキック音が出せるものがいいと思います。管楽器のフレーズを締める、いわゆるFill-inのような箇所が散見されますが、リズミックになり過ぎず、前後のフレーズをしっかりつかんで演奏しましょう。また、トムに過剰なミュートを施すのも決して良いとは言えません。楽器本来の音色は近くで聴くより、距離を取って聴いた方が、より客席に届く音色を理解出来ます。セクション内の他の奏者に音を出してもらい、それを遠くで聴いてみるなどし、チューニングも含めそのミュートが本当に必要なのかどうか、ぜひご一考ください。

トムトムの手順とセッティング

105

映像中使用楽器

トムトム

マジェスティック

(国内未発売品)

<スティック>ベーター/シュガーメイプルCONCERT

フット・バスドラム

ソナー:プロライト・シリーズ/PL12-2017BDWM

映像内容

・小節#114〜#117のPercussion5のみ

タムタムの奏法

105

映像中使用楽器

タムタム(銅鑼)

K.M.K/KG-36

<マレット>マイク・バルター/MB-GM1 & MB-GM2

映像内容

・小節#124〜#127のタムタムのみ

カウベル

105

映像中使用楽器

カウベル

ソナー/SN-CB4, SN-CCB5, SN-CCB55

<スティック>ベーター/シュガーメイプルCONCERT

映像内容

・小節#114〜#117のPercussion5のみ

ハイハット聴き比べ

page top

 
thum111

①ターキッシュ/TU-CL14HTM & TU-CL14HBH

②ターキッシュ/TU-CL14HTR & TU-CL14HBM

③小出シンバル/808-14HM & 808-14HH

④小出シンバル/808-14HT & 808-14HM

パート:Percussion 3/ハイハット

演奏箇所:小節#95〜#96

テンプルブロック聴き比べ

page top

 
thum111

①K.M.K/KK-TBK25, 35, 40, 45, 50

②グローバー/GV-TPBX

③リズム&サン/RS-PLT9605

パート:Percussion 4/テンプルブロック

演奏箇所:小節#32

テンプルブロック・マレット聴き比べ

page top

 
thum111

①アンコール・マレット/EM-TM1

②マイク・バルター/MB-621R

③ロン・ヴォーン/RVN-MBM2RM

パート:Percussion 4/テンプルブロック

演奏箇所:小節#32