吹奏楽コンクール特集2017|課題曲2- Komaki Tsu-sho Web

トップ

>

2017年度吹奏楽コンクール特設サイト

>

課題曲2・マーチ・シャイニング・ロード

吹奏楽コンクール課題曲 打楽器ワンポイントレッスン

マーチ・シャイニング・ロード

※良い音でお聴きいただくために、動画の視聴にはヘッドフォンやイヤフォン、またはオーディオ用スピーカーの使用をおすすめします。

Akihiro Oba

ワンポイント・レッスン by:

大場章裕

打楽器奏者

楽曲について

「明るさ」、「輝かしさ」がこの作品の大切なポイントとなります。演奏される皆さんそれぞれの「シャイニング・ロード」をぜひ見つけていきましょう。 スネアドラム、バスドラム、シンバルといったマーチの基本となる楽器に、タンバリンやクラベスといった楽器が効果的に使用されています。作品の流れや色を変えられるようにしたいですね。 マーチにおけるパーカッションの役割とは何なのかをぜひ考えましょう。管楽器の奏でるメロディー、リズムに寄り添う事は良い事ですし、ぜひそうして頂きたいです。しかし寄り添い過ぎてバランスが悪くならないよう、常に周りの音や動きに耳を傾けましょう。
どの楽器もそうですが、演奏者側で聴いている楽器の音色と客席で聴く楽器の音色が大きく異なる事が多々あります。納得のいく演奏をするには、聴いてもらう事が1番の近道だったりします。目標を立て、作り上げて来た音楽が聴衆に伝えられるよう悔いのない練習をしましょう。

page top

アンサンブル

冒頭6小節間は、シンコペーションがころころと流れてしまわないように気をつけましょう。

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK22

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD132S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

グロッケンシュピール

フォールクリーク/FC-K100G

<マレット>マイク・バルター/MB-GP2

thum101

映像内容

・冒頭〜小節#6のセクション合奏

page top

Timpani

(オプション)

オプションパートではありますが、このパートが入るとバンド全体の幅が広がり印象が大きく変わります。音色のイメージをしっかり持ち、マレットの選択、ミュート、チューニングなど注意しましょう。

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK22

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD132S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

グロッケンシュピール

フォールクリーク/FC-K100G

<マレット>マイク・バルター/MB-GP2

thum101

映像内容

・冒頭〜小節#6のセクション合奏

page top

Percussion 1

:スネアドラム, タンバリン

スネアドラムは歯切れの良い、明るいサウンドを出したいです。チューニングと響き線のバランスのチェックを行いましょう。とっても良い楽器を使用しているのに調整不足で残念な音色になっている演奏を耳にします。本皮でなくても気温や湿度で楽器は常に変化します。演奏する前に必ず状態を確認しましょう。
最後のリムショットは、叩く場所やスティックの素材などで何通りもの音が出せます。効果的に決まるように音色の研究をしましょう。決して力まないようにしたいですね。

102

映像中使用楽器

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>クーパーマン/CPM-06

映像内容

・小節#103のスネアドラムのリムショット:3通りを実演

タンバリンは音楽の流れに乗れるよう、練習ではフレーズを歌い込みましょう。

102

映像中使用楽器

バスドラム

レフィーマ/LF-BD132S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

タンバリン

グローバー/GV-T2GS

映像内容

・小節#48のタンバリンとバスドラム

page top

Percussion 2

:バスドラム

バンドの要となるとっても大切なパートです。またチューニングで良いか悪いかがほぼ決まる楽器です。良く鳴るポイントのチューニングを考えましょう。時として根気のいる作業になるかもしれませんが、妥協せずがんばりましょう。
また、低音セクションのベースラインを必ず確認しましょう。

映像中使用楽器

バスドラム

レフィーマ/LF-BD132S(合奏シーン)

レフィーマ/LF-BD36S(チューニングシーン)

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

冒頭部分

thum101

映像内容

・冒頭〜小節#6のセクション合奏

バスドラムのチューニング

103

映像内容

・バスドラムのチューニング

page top

Percussion 3

:クラッシュ・シンバル

作品の色が決まる楽器です。長い音符はハーモニーの響きを理解し、キザミではバスドラムとハモれるように音色には十分気をつけましょう。

映像中使用楽器

ティンパニ

マジェスティック/シンフォニック・グランド・シリーズ

<マレット>K.M.K/KK-TMK11, 12

スネアドラム

マジェスティック/MJ-MPS1450WA

<スティック>K.M.K/KK-CSJ

バスドラム

レフィーマ/LF-BD132S

<マレット>K.M.K/KK-BMDY02

クラッシュ・シンバル

小出シンバル/11S-in18CCMH

グロッケンシュピール

フォールクリーク/FC-K100G

<マレット>マイク・バルター/MB-GP2

105

映像内容

・冒頭〜小節#6のセクション合奏

マーチには珍しくクラベスが登場します。この作品において印象的な楽器ですので、握り過ぎて響きが止まらないように注意したいですね。シンバルとクラベスとでは演奏方法が異なります。サッと持ち替えても体がその楽器に変化できるようにしましょう。

105

映像中使用楽器

クラベス

K.M.K/KK-SCLR27SI

映像内容

・クラベスの奏法解説

page top

Percussion 4

:グロッケンシュピール, シロフォン

管楽器のフレーズや音色、息のスピードをよく聴き、マレットやミュートを考えましょう。木管楽器とユニゾンのトリルは、速すぎたりしないよう気をつけましょう。

グロッケンシュピール

106

映像中使用楽器

グロッケンシュピール

フォールクリーク/FC-K100G

<マレット>マイク・バルター/MB-GP2

映像内容

・冒頭〜小節#6のグロッケンシュピールのみ

シロフォン

106

映像中使用楽器

シロフォン

K.M.K/KK-CX350DX

<マレット>アンコール・マレット/EM-200R

映像内容

・小節#81〜#84のシロフォンのみ

タンバリン聴き比べ

page top

 
thum111

①グローバー/GV-T2HTC

②グローバー/GV-T1GS

③グローバー/GV-T2GS

パート:Percussion 1/タンバリン

演奏箇所:小節#48

グロッケンシュピール・マレット聴き比べ

page top

 
thum111

①マイク・バルター/MB-GP2

②マイク・バルター/MB-G6

③マイク・バルター/MB-10R

パート:Percussion 2/タンバリン

演奏箇所:冒頭〜小節#6

シロフォン・マレット聴き比べ

page top

 
thum111

①マイク・バルター/MB-108R

②アンコール・マレット/EM-200R

③アンコール・マレット/EM-204R

パート:Percussion 4/シロフォン

演奏箇所:小節#81〜#84